ほんブログは花粉症の対処法と花粉症の治療についてご紹介します。

花粉症の対処法は主に薬を飲むことです。

内服薬には、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの原因となるヒスタミンを抑える成分が入っています。鼻、目、のどなどそれぞれに働いて、花粉症のつらい症状をやわらげます。内服薬には、効きめが長く持続するように工夫された薬として花粉症の対処法の一つです。

点鼻薬は鼻水、鼻づまりを速やかにとめることができます。また、鼻の粘膜の充血や腫れを抑え、鼻のとおりをよくします。点鼻薬は、眠気をもよおすことが少ないという利点もあります。

目薬は目のかゆみや充血をやわらげます。

花粉症の治療は主に対症療法と根治療法です。

一般に花粉症の各症状を抑えることが目的のものは対症療法と呼び、花粉症の治療治癒を目指すものは根治療法と呼びます。医療機関における各種の薬剤治療(薬物療法)は対症療法であり、確実な根治療法は開発されていないです。唯一、減感作療法が根治療法にもっとも近いものといえます。

また、近年インペアードパフォーマンスの問題が欧米では社会問題化しています。インペアードパフォーマンスとは、抗ヒスタミン薬の服用によって、自分では気づかないまま集中力や判断力、作業効率が低下してしまう状態のことです。今後日本でも問題になるかもしれませんので、とくに運転をしなければならない人は、抗ヒスタミン薬を処方してもらう際には医師に必ず相談するようにしてください。