本文は花粉症の検査についてご紹介します。

花粉症の検査は症状をしっかり把握し、問診によってアレルギーの既往症や家族歴があるかどうか(アトピー素因があるかどうか)を調べることが必要です。また、鼻内の粘膜の様子を検査します。典型的な症状があって、実際に花粉飛散時期に一致しているのであれば、概ねこれだけで鑑別がつくことが多いです。

花粉症の検査には鼻鏡検査、鼻汁好酸球検査(鼻水の中の好酸球が増加しているかどうか)、血液検査(花粉に対するIgE抗体の有無や量、好酸球の増加を調べる)、皮膚テストなどがあります。

血液検査では、特定の食物に対して、体内のIgEというたんぱく質が多いかどうかで、アレルギー反応の可能性を検査することが出来ます。花粉症との交差反応を起こしている場合や、含まれる化学物質でアレルギーを起こしている場合には、トマト自体には判定が出にくいということも考えられるのです。そのため、花粉との反応を調べるために、血液検査ではスギ、ヒノキ、カモガヤ、イネなどの反応調べることが一般的なようです。

皮膚テストには、ブリックテストと皮内テストの2種類があります。このブリックテストとは、皮膚に傷を少しつけそこへアレルゲンを乗せ、反応を見ます。皮内テストとは、アレルゲンを皮膚に注射し、15分後に皮膚の反応を見ます。

鼻粘膜誘発テストは原因と考えられる花粉エキスがしみ込んだ紙を鼻の粘膜に貼り付け、反応をみるテストです。