花粉症と風邪の違い

春になると、花粉が飛散し、いろいろな人が花粉症に書かてしまうことがあります。花粉症の三大症状は「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」という鼻に現れる症状です。また、眼に現れる症状としてかゆみ、なみだ目、結膜の充血なども多くみられます。重症になると、食欲減退、悪心などの胃腸症状、頭重感、全身倦怠感などの全身症状も現れます。
風邪との違いは、花粉症では連続したくしゃみであること、鼻水が水のように無色でさらさらと流れるように出てくること、発熱や喉の痛みがないことなどです。
花粉症になると、毎年花粉の飛散する時期に、決まって同じ症状を繰り返すようになります。また、花粉の飛散量が多いほど症状は重くなります。
花粉症の検査には鼻鏡検査、鼻汁好酸球検査(鼻水の中の好酸球が増加しているかどうか)、血液検査(花粉に対するIgE抗体の有無や量、好酸球の増加を調べる)、皮膚テストなどがあります。
花粉症は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの三大症状以外に季節性や花粉飛散量などとの関係から診断可能です。
また、花粉症は症状の違いから、くしゃみや鼻水が主な「くしゃみ・鼻汁型」、鼻づまりが主な「鼻閉型」に病型を分けます。
重症度は、くしゃみ発作の回数、鼻をかむ回数、鼻づまりの状態から評価します。
だからもし春や秋などになると、くしゃみや鼻水などの症状が出るとき以上の違いをチェックしながら病院へ行ってみてください。

花粉症対策めがねの効き目

花粉症対策めがねの効き目
めがねは顔の周囲からどうしても花粉が入ってしまう為、症状がひどくなってからめがねをしても症状が緩和したことを即効で自覚することはできないかもしれません。それでもめがねをすると目に花粉が入る量が少なくなるということですので、長い目でみればめがねをすることはお薦めです。

ここから下はこのサイトを作り始めた頃の記事です。2004年頃は花粉症用のメガネは少なく利用している人も少数でした。
最近の花粉症用めがね

数年前まで花粉対策用めがねはとてもファッション性がなく、町中でするのも恥ずかしい感じのものでした。
それでもあの目のかゆみをなんとかしたいと思いめがねショップで試着してみました。
まずレンズが大きすぎる印象。
そして顔の輪郭には添わず、花粉が入ってくる感じがしました。
形も気に入らない上に、花粉もあまり防げないのではないかと思い、その時はとてもがっかりしてそれなら普通のめがねにしようと思ったのでした。
それでここのページでももう少しファッション性のあるものを作って欲しいというようなことを書いていましたが、実際に調べてみると最近は以前とは違い普段でも使えるようなサングラスタイプなどもかなり多く販売されていることが分かりました。

もし普通のサングラスやめがねでもお持ちなら、めがねをしないよりは花粉が目に付着する量は少なくなると言われていますので、それを利用されても良いと思います。
ゴーグルタイプで顔に密着する形なら一番安心という気がします。
2005年は花粉飛散が過去最大となり花粉症患者も増えマスクと一緒にめがねをする人が増えました。
めがねもだんだん抵抗なくできるようになってきています。
花粉飛散の時期は春や秋で、一番お洒落して外出するのに良い時期なのですから花粉症でもお洒落をしながらしっかり目も守るようにしたいものです。